Benefit

支援制度

Benefit

支援制度

お金のサポート

児童(18歳到達年度の末日(一定基準以上の障がいのある場合は20歳未満)まで)を監護する母、児童を監護し生計を同じくする父、父母以外で児童を養育している方に支給されます。
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

20歳未満で精神又は身体に障がいを有する児童を家庭で監護、養育している父母また又は父母にかわって児童を養育している方に支給されます
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

児童が15歳に到達する日以降の最初の3月31日まで(中学校卒業前)の児童を養育している家庭等に対して支給になります(公務員の方は勤務先にお問い合わせください)
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

親が離婚、死亡した等の児童の家庭に対し、必要とする医療を安心して受けられるよう医療保険の一部自己負担額を、県と市町村で助成する制度です。
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、被保険者によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。
遺族年金には、「遺族基礎年金」「遺族厚生年金」があり、亡くなった方の年金の加入状況などによって、いずれかまたは両方の年金が支給されます
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

母子家庭の母、父子家庭の父や寡婦の方などの経済的自立の支援や子どもの福祉の増進を図るための貸付制度です。
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

生活に不安を抱えた低所得、障がい者及び高齢者の方々に対し、資金の貸付と合わせて必要な相談支援を行い、安定した生活を送れるようにすることを目的とした貸付制度です。
詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

ファミリー・サポート・センターは、仕事と育児や介護などとの両立支援を目的とした事業です。お手伝いをお願いしたい方とお手伝いをしてくださる方の会員制となります。
詳しくは
●群馬県 – 〔ファミリー・サポート・センター〕
●ファミリー・サポート・センターのご案内|厚生労働省

短期入所生活援助事業は、保護者が病気等などの理由で家庭において児童の養育が一時的に困難となったとき、児童養護施設等で児童を預かります。
夜間養護等事業は、保護者が仕事等で帰宅が夜間に及ぶなど、家庭において夜間一時的に児童の養育に困難を生じるときに、児童養護施設等で児童を預かります。(一部の市町村を除く) 詳しくはお住まいの市町村にお問い合わせください。(外部リンク)

保護者が就労等により昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対し、授業の終了後等に預かり、支援員のもと適切な遊びや生活の場を提供します。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

経済的な理由で児童に義務教育を受けさせることが困難な保護者の方に、学校生活で必要な費用の一部を市町村が援助する制度です。

詳しくは、お住まいの市町村教育委員会にお問い合わせください。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

全ての高校生が安心して勉強に打ち込めるよう高等学校等における授業料について経済的負担の軽減を図っています。

●公立高等学校(群馬県)はこちらから(外部リンク)

●私立高等学校はこちらから(外部リンク)

生活保護世帯や住民税非課税世帯の高校生等に対して、授業料以外の教育費の負担を軽減するため、給付金を支給しています。

●公立高等学校(群馬県)はこちたから(外部リンク)

●私立高等学校(群馬県)はこちらから(外部リンク)

首都圏の大学や短大に通う県出身者のための学生寮です。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

県内でこども食堂や学習支援、遊び、体験活動などを無料または低額で利用できる居場所づくりを行っている団体を紹介します。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

教育のサポート

お仕事のサポート

ひとり親家庭の親が就職の際に有利であり、かつ生活の安定に役立つ資格の取得を目指して養成機関で就業する場合、高等職業訓練促進給付金及び高等職業訓練修了支援給付金を支給します。希望者は入学前の事前相談が必要です。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

ひとり親家庭の親の就業と自立を支援するため、教育訓練給付金を支給します。職業能力を高めるため、指定された教育訓練講座を受講し、資格取得を目指す人が対象です。希望者は必ず講座を申し込む前に事前相談をしてください。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

高等学校を卒業していない(中退を含む)ひとり親家庭のお母さん、お父さん、お子さんが、民間事業者の実施する高卒認定試験の合格を目指す講座(通信講座を含む)を受講した場合、及び高等学校卒業程度認定試験に合格した場合にそれぞれ給付金を支給します。

※ただし、受講開始前に事前相談を行なっていただく必要があります。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭の親に対し、自立を促進するための資金の貸付を行ないます。群馬県社会福祉協議会が面接、審査を行い、貸付を決定します。

 養成機関を修了して資格取得した日から1年以内に就職し、取得した資格が必要な業務に5年間従事した場合には、貸付金の返還は免除されます。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

雇用保険を受給できない求職者の方が職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を目指すための制度。月10万円の給付金を受給しながら訓練を受講します。(一定の要件があります)求職者支援訓練または公共職業訓練を原則無料で訓練を受講できます。(テキスト代などは自己負担)・訓練期間中及び訓練修了後もハローワークが積極的な職業訓練を行います。

・収入、資産など一定要件を満たす方に、訓練期間中に職業訓練受講給付金を支給します。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

ひとり親世帯は公営住宅の優先抽選の対象世帯です。

お問い合わせは群馬県住宅供給公社へ。(外部リンク)

前橋市広瀬町に母子世帯用の住宅があります。(第1子が中学生以下等条件があります)

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

お問い合わせは、
群馬県私学・子育て支援課:027-226-2622
群馬県住宅供給公社管理課:027-223-5811

ひとり親世帯は公営住宅の優先抽選の対象世帯です。

お問い合わせは各市町村へ。(外部リンク)

社会的に保護が必要な母子世帯が入居できます。(前橋市、高崎市、太田市)

支援員から必要な援助、自立支援が受けられます。各市町村へお問い合わせください。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

この事業は母子・父子自立支援プログラム策定を受けたひとり親家庭の方に対し、住宅支援資金の貸付を実施し自立の促進を図ることを目的としています。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

児童扶養手当受給世帯でJRの通勤定期を購入する場合、3割引きとなります。

※学割との併用は不可、学割優先です。

詳しくは各市町村へお問い合わせください。(外部リンク)

現在、こども食堂ネットワークぐんまに入会している団体を紹介します。

詳しく知りたい方はこちらから(外部リンク)

ひとりで悩まず相談してください。相談は無料です。秘密は固く守ります。

詳しくはこちらから(外部リンク)

住まい・生活のサポート

ひとり親家庭や子育て家庭に向けて様々な支援を行っている支援団体をご紹介します。